洗濯屋ターくんの日々

私たちウォッシュベアー京町店は、洗濯を通して「清潔で健やかな生活」を応援します。

2018.1月号 小話「婚姻ランドリーというコインランドリー物語 第16話」

(^_^)/ いつもご利用いただき有難うございます。

佐世保のコインランドリー/ウォッシュベアー京町店の本岡 大二郎です。

 

/////////////////////////////////////////

☑ 小話「婚姻ランドリーというコインランドリー物語 16話」


◆◆この物語は、フィクションである◆◆

ここは、とあるコインランドリー。

フリーライターである私は、

ちまたで繁盛しているコインランドリーがある

との情報を聞きつけ、潜入取材に入った。

でも、なぜ繁盛しているのか? 間もなく男女2人が入店。

 


女『この間、同僚が「気」について語っていたの。』
男『「気?」。「気」って、ドラゴンボールの悟空のかめはめ波とかの?』
女『そうそう! まさにドラゴンボールの話をしていたわ。』
男『なんで、「気」の話を?』
女『彼が言うには「気」というのは「個性」と因果があって、その個性の
  違いが登場人物の技の名前や形、破壊力に関わってくるんだって。』
男『ふーん。』
女『そもそも「気」っていうモノは、みな持っているモノであって、
  内的要因と外的要因が相互作用を起こしていて、クリリン気円斬や、
  ベジータギャリック砲、でも人造人間16号のヘルズフラッシュは除い
  て、同じ「気」なんだけど、違いはっていうと「個性」ってことなの!』
男『なんだか、むずかしいな。』
女『確かに。ただ、難しいと思うから難しいのであって、つまり、
  「個性」は誰にでもあるんだけど、世間体を考えると出しにくいケース
  が多々あるじゃない。でもそれって、ダメだと思うんだよね。
  もうすでに、「個性=気」を出しまくる時代はきてるのよ!』
男『「個性を出す」と言っても、何を出したら?』
女『まず、ためるのよ! ヤムチャもためてるじゃない。うおぉーって!』
男『(ためる・・・。)・・・、ぅぉぉぉおおおー!』
女『そう、その調子よ! うおぉー!』
男『うおぉぉぉー!』
女『うおぉぉぉー! 』
男&女『うおぉぉぉー! 』

男『ハァハァ・・・。今、気づいた事がある。』
女『うん。』
男『愛している。結婚しよう。』
女『はい。あなた。』

 

 

「気」が合わさり「気合い」となり、「気愛」になったとでもいうのか!

ここは、コインランドリーであるけども、婚姻ランドリーでもあった。

 

 

/////////////////////////////////////////

佐世保のコインランドリー|ウォッシュベアー京町店(駐車場有り)住所:長崎県佐世保市下京町11-11 佐世保郵便局近く

 

私たちウォッシュベアー京町店は、

洗濯を通して「清潔で健やかな生活」を応援します。

 

コインランドリー/ウォッシュベアー京町店
長崎県佐世保市下京町11-11

年中無休・24時間営業