洗濯屋ターくんの日々

私たちウォッシュベアー京町店は、洗濯を通して「清潔で健やかな生活」を応援します。

2017.6月号の小話「婚姻ランドリーというコインランドリー物語 第9話」 + にゃん濯(にゃんたく)13日

(^_^)/ いつもご利用いただき有難うございます。

佐世保のコインランドリー/ウォッシュベアー京町店の本岡 大二郎です。

 

まずは、毎月恒例の

小話「婚姻ランドリーというコインランドリー物語 第9話」はどうぞ。

( 2017.6月号)

 

**********

 

-----この物語は、フィクションである-----


ここは、とあるコインランドリー。記者である私は、ちまたで繁盛しているコインランドリーがあるとの情報を聞きつけ、潜入取材に入った。でも、なぜ繁盛しているのか? 間もなく男女2人が入店。

 

 

女『たーくんって、6月だよね。』
男『・・・はい? 』
女『たーくんって、水無月(ミナヅキ)だよね!』
男『えっ? 誕生日は、9月だけど・・・? 』
女『やきもち焼いてるわけじゃないんだけどね。焼いちゃうの。』
男『ちょっと、何言ってるか分からない。 』
女『ごめんごめん。いーのいーの。』

男『・・・ごめん、なんか俺、した? 』
女『いーのよ、わたしの勝手なやきもちなんだから。』
男『ヤキモチ?』
女『たーくんって、誰にでも優しいでしょ。だから、焼くの。』
男『あ゛ーっ。さっき女性の手助けをしてたやつ? 』
女『だから、いいーって。もういいの。』
男『あれは、顕著に困っていたから・・・。』
女『知っているのよ。たーくんの事、ぜんぶ。』
男『はい? 』
女『女性とか関係なく、老若男女好きなんでしょ!』
男『・・・。』
女『たーくんは、だれにでも優しいから、焼くのよ! 』
男『・・・。』
女『たーくんは、皆好きなのよ! 』
男『・・・(皆好き(ミナズキ) = 水無月(ミナヅキ) ってことか )。』

男『僕は、人付き合いが好きだし、そういう性分だからね。』
女『うん。』
男『でも、愛しているのは、君一人だけなんだよ。』
女『うん。わかってる。』

男『結婚しよう。』
女『はい。あなた。』

 

 

私は、差し詰め「7月(=文月)」ってとこか。ライターなだけに。

ここは、コインランドリーであるけども、婚姻ランドリーでもあった。

 

 

***********************にゃん濯(にゃんたく)とは

 

 

 

 

 

にゃん濯(にゃんたく)13日

 

 

 

佐世保のコインランドリー|ウォッシュベアー京町店(駐車場有り)住所:長崎県佐世保市下京町11-11 佐世保郵便局近く

私たちウォッシュベアー京町店は、洗濯を通して

「清潔な衣類と心地よい寝具」から「笑顔と元気と健康」を創出します。

 

コインランドリー/ウォッシュベアー京町店
長崎県佐世保市下京町11-11

年中無休・24時間営業