読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗濯屋ターくんの日々

コインランドリー店による「清潔な衣類で豊かな人生を」のご提案

私がやって見せた「Non.」を、小学2年生の娘がマネをしはじめた。からのコインランドリー

(^_^)/ いつもご利用いただき有難うございます。

佐世保のコインランドリー/ウォッシュベアー京町店の本岡 大二郎です。

 

 

まず最初に断っておくことが。

 

私は常に、ゾンビくんからの脅威に備えています。

 

ゆえに、

よくあるゾンビくんの登場シーンで、いわゆる物陰から、

ゾンビくんが不意に襲ってきても、その攻撃をかわせると自負しています。

 

ただ、かわすだけなら芸がないので、

 

私はかわした後に、ゾンビくんに対してこのように言います。

 

 

 

 

「Non.」

 

「Non.」

 

私の動作に関しては、

ゾンビくんの攻撃をかわした後、ゾンビくんに対して、

人差し指を立て、人差し指を左右に動かしながら、発します。

 

「Non.」

 

 

 

 

 

 

この

「Non.」

には、このようなニュアンスが含まれることになります。

 

 

 

 

「ゾンビくん。今、あなたは、私の事を物陰から襲おうとしましたね。それは、失敗に終わりました。普通の人なら、あなたに驚き、足がすくみ、恐怖におびえ、時には叫び、そして、あなたに噛まれ、あなたのお仲間へとなっていたことでしょう。でも、私は違います。ほら、ご覧なさい。いま私はあなたからの襲撃に驚くこと無く、あなたに対処しています。あなたの目論見は失敗に終わったのです。あなたが襲うであろう人間にもこのような人間がいるのです。勉強になりましたか。次だれかを襲う時は、少しでも工夫が必要になるかと思います。昨日の自分とは違う自分といったことでしょうか。そうしないと、あなたに課せられた役目を達成しづらくなっていくことでしょう。なぜなら、あなたは、いま、私によって阻止された。つまり、達成できなかったわけです。私のような人間が、これからますます増えていくとこでしょう。想像してごらんなさい。あなたは、お役御免になるのです。そのあと、あなたは何を目的に生きていくのですか?あっ、すみません。あなたはゾンビくんなので、生きてはいないのですね。メンゴ。

話は戻りますが、ゾンビくん、今のあなたでは、私を襲うことはできません。そして、これからもずっと。」

||

「Non.」

 

 

 

 

この一言「Non.」は、集約された言葉なのです。

 

 

 

 

ただ、

これらを踏まえない上で、

小学2年生の娘は、マネはじめました。

 

 

「Non.」「Non.」「Non.」「Non.」「Non.」

ことあるごとに、

「Non.」「Non.」「Non.」「Non.」「Non.」

 

 

 

 

いつかは、娘も立派な戦士となることでしょう。

 

 

 

 

 

佐世保のコインランドリー|ウォッシュベアー京町店(駐車場有り)住所:長崎県佐世保市下京町11-11 佐世保郵便局近く

私たちウォッシュベアー京町店は、洗濯を通して

「清潔な衣類と心地よい寝具」から「笑顔と元気と健康」を創出します。

 

コインランドリー/ウォッシュベアー京町店
長崎県佐世保市下京町11-11

年中無休・24時間営業