読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

洗濯屋ターくんの日々

コインランドリー店による「清潔な衣類で豊かな人生を」のご提案

【映画】マッドマックスの世界観をコインランドリーで例えるなら

清潔な衣類、心地良い寝具から「笑顔」と「元気」を創出します。

 

いつもご利用いただき有難うございます。

佐世保のコインランドリー/ウォッシュベアー京町店の本岡 大二郎です。

 

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を観ました。

このマッドマックスの世界観をコインランドリーで例えたらどうなるか。

 

 

小話「マッドマックス 怒りのコインランドリー」をどうぞ。

 

f:id:sentakuya-takun:20161227143340j:plain

 

今、この世界、

価値のあるものは、

洗濯である。

 

大衆は皆、洗濯に飢えている。

だが、そう易々と洗濯をすることは許されない。

 

根本的な水不足。

 

洗濯をする行為は、

紙幣を燃やして暖をとる行為よりダメなこと。

 

そんな中、

洗濯機を使って洗濯をする者が居た。

※その者は、いわゆる敵である。

 

洗濯機=権力 の象徴とされ、

民衆は、洗濯機を所有する者を神と崇めた。

 

その地区に現れる、ヨタヨタの主人公マックス。

 

マックスは捕えられ、

洗濯機を動かす電力を作る係を強いられる。

※自転車的なものでペダル的な物をこぐと発電する。

 

しばらく、発電係をしていると、

過酷な出張発電係となる。

 

そして、

出張先でいろんころんあって、戻ってくる。

 

この時より、

その地区での洗濯行為は、自由となった。

 

湧き上がる民衆。

 

その場から静かに立ち去るマックスであった。

 

 

 

終劇

 

 

 

f:id:sentakuya-takun:20160929110019p:plain

コインランドリー/ウォッシュベアー京町店
長崎県佐世保市下京町11-11

年中無休 6:00-23:00