洗濯屋ターくんの日々

私たちウォッシュベアー京町店は、洗濯を通して「清潔で健やかな生活」を応援します。

スーパープレゼンテーションからの娘

いつもご利用いただき有難うございます。

佐世保のコインランドリー/ウォッシュベアー京町店の本岡 大二郎です。

 

小学2年生の娘がいます。

スーパーに買い物に行くと、

娘は、「おかし買っていい?」

と、必ずと言っていいほど聞いてきます。

 

もちろん、買っていいので、

「いいよ。」と告げます。

 

すると、一目散にお菓子売り場へ向かいます。

 

後を追うと、娘は、何を買おうか選んでいる状態です。

 

しばらくすると、

 

これ買っていい?と指をさします。

 

指した先は、食玩

 

f:id:sentakuya-takun:20161108150322p:plain

 

  

けっして、

食玩が良くないとは言いません。

 

最近の食玩は、数百円して、ガムが1つ入っています。

 

3時のおやつに、ガム1つ!

 

わたしも、子どもの頃は、

食玩を買っていた口なので、

娘の選択に否定的な事は言えません。

 

ネクロスの要塞の人形とかを集めていました。)

 

で、

 

考えたのが、

 

スーパープレゼンテーションです。

 

ここでいう、スーパープレゼンテーションとは、

 

父親の威厳を以て、

小学2年生の娘に、

別のお菓子を全力で勧める話術のことです。

 

こっちのお菓子はどう?

実は、このお菓子は・・・。

 

といった具合で、お菓子の情報を伝えます。

 

結果、私が進めたお菓子を買います。

 

けっして、買わせている(押し付け)のではなく、

娘が判断した上で、買うようになるよう努めています。

 

ここで、お伝えしたいのは、

全力で、そのお菓子のいいところを拾い上げることです。

初見のお菓子であっても、瞬時にいいところを見つける必要があります。

 

 

 

 

これを、

スーパープレゼンテーションと名付け、実施しています。

 

 

 

 

 

 

f:id:sentakuya-takun:20160929110019p:plain

コインランドリー/ウォッシュベアー京町店
長崎県佐世保市下京町11-11

年中無休 6:00-23:00